英語の発音がよくなる練習方法!スピーキングの上達する勉強法は?

日本人英語学習者が必ずといっていいほど、つまずくのが、英語の正しい発音です。

日本の学校教育では発音練習はあまり重視されていない印象がありますが、英会話においては、発音ができないのは致命的ともなりかねません。

日本人がどうして英語の発音に苦労するのかふまえながら、おすすめな学習方法を提案します。

英語の発音がよくなる練習方法、スピーキングの上達する勉強法についてのお話です。

日本人は英語の発音が苦手

日本人が英語発音に苦手意識を持つのは、
英語の発音に日本語にない音が多いからです。

このため、まず聞き取ることができません。


聞き取ることができないというのは、英会話において非常に不利です。

とにかくたくさん英語を聞けばある日突然聞き取れるようになる、という人もいますが、言語習得においてまっさらな状態にある赤ん坊ならともかく、大人の私たちにはそのような奇跡は起こりません。

ですので、英語の発音を効率的に身につけたいのであれば、的確な指導のもとで自分の口と舌を動かして練習するしかないんです。

発音ができると英語は劇的に上手くなる

英語の発音がよくなる練習方法!スピーキングの上達する勉強法は?

「この日本人、なかなか英語ができるな」と
英語ネイティブに思わせるのは、実は発音の的確さだったりします。

初対面の英語ネイティブと話をする時、ボキャブラリーが多くても発音が下手な人は、「英語が下手な日本人」のカテゴリーにくくられてしまうでしょう。

そのくらい発音は、第一印象としてインパクトが強いんです。


「お、なかなか英語ができるんじゃん」と思わせることができれば、相手はどんどん積極的に話しかけてくれるでしょう。

その分英会話もはずみますし、第一発音が良い人の場合、言っていることが分からなくて聞き返されるということが起きにくくなります。


逆に、ボキャブラリーは豊富でも発音が正確でない人は、語彙力を駆使しても発音が悪いため通じにくく、相手にもストレスを与えてしまいます。

相手に何度も聞き返されるうちに、発話するモチベーションも下がってしまうでしょう。

これではせっかくのボキャブラリー力も、発揮しようがありません。

発音できない音は聞き取れていない

人は、自分が発音できない音は聞き分けることができません。

リスニングテストやディクテーションをやってみて、自分が聞き取れなかった箇所には、何かしら発音の勘違いがあるということです。

言い換えれば、自分の苦手な音を徹底的に練習し克服すれば、リスニングの弱点も解消できるということです。

それだけ発音練習には、英語の総合力を底上げするヒントが隠されているんです。

ディクテーションならスタディサプリ ENGLISHが特におすすめです!

英語の発音を上達させる3つの方法

英語の発音を上達させる3つの方法

では、どのようにして英語の発音を身につければいいのでしょうか。

私が考える英語発音上達の早道は、以下のような方法です。


1.英語発音専門のテキストで練習する
まず、定番ですが、英語発音専門書を利用してみましょう。

先にも書きましたが、日本人の大人が英語の発音を身につけるために、ただ英語を聞き流すだけでいいというような楽観的手法はおすすめしません。

きちんと、一つ一つの発音について、どのように唇や舌を動かし、息をどのように通して発音すればいいのか、物理的に筋肉の動かし方を習得する必要があります。

そのためには、徹底的に発音に特化して練習できるテキストは最適です。

何事も小さな積み重ねが大切です。
正しい英語発音を一つずつ確実にマスターしていくことで、大きな成果を得られるはずです。


2.英会話レッスンで徹底して発音に取り組む

普段からオンラインや通学で英会話レッスンを受講している人は、講師にお願いして特別なカリキュラムを組んでもらうということも可能です。

時間を決めてみっちりと発音を直してもらうことで、効率的に英語発音の矯正ができるでしょう。

講師には、もちろん英語ネイティブもおすすめですが、発音に関してはプロの日本人講師にお願いすることにもメリットがあります。

きちんと正しい発音をマスターした日本人講師は、ネイティブよりもむしろ日本人の発音の弱点をよく知っています。

また、その先生オリジナルの発音練習方法を教えてもらうことができるかもしれません。


発音に関してなら、【ネイティブキャンプ】の発音コースも特におすすめです!


3.お気に入りの英語の歌で練習する

最後に私のおすすめの方法として、お気に入りの英語の歌で発音を身につける方法を紹介しておきます。

お気に入りの歌は何度聞いても飽きませんよね。
そんな大好きな歌をピックアップして、徹底的に聴き込んでみてください。

歌詞もきちんと読んで意味を把握してしまいます。


そして、慣れきたら、そのシンガーになったつもりで一緒に真似をして歌ってみてください。

歌い手と完璧に同じ発音ができるよう、イントネーションや息つぎも含めて、何度も何度も歌い込みます。

カラオケで他人の前でも自信を持って歌えるくらいになるまで、練習します。

これを数曲繰り返して行えば、きっと発音は良くなっているはずです。

英語の発音を身につけて大きくステップアップ!

歌を利用した発音練習方法は、楽しみながらいつのまにかネイティブ並みの発音が身についているという、素晴らしい方法だと思います。

また、カラオケで本格的に英語の歌が歌えたら、ちょっとかっこいいですよね。


英語発音の練習方法として、3つのやり方を紹介しました。
自分なりに、いろいろ組み合わせて試してみてください。

発音が変わると、英語スキルはグッっとアップします。
今より一歩ステップアップするためにも、ぜひ、コツコツ続けてみてくださいね!