IELTSの試験内容や難易度は?スコアの目安やレベルと申し込み方法!

IELTSもTOEICやTOEFL、英検などと同じように、英語のスキルをスコア化できる検定試験です。
じつは、IELTSは近年日本人受験者が急増しているのです。

海外で対外的に英語スキルをアピールしていくのに使えるIELTS。
今回はその概要と特徴について、試験内容や難易度、スコアの目安やレベル、申し込み方法などをご紹介します。

IELTSとは?

IELTSの試験内容や難易度は?スコアの目安やレベルと申し込み方法

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学・研修や、イギリス・オーストラリア・カナダへの移住申請において英語スキルを証明するのに適した検定試験です。

アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2タイプのテストがあり、それぞれで試験問題の内容も変わります。

アカデミック・モジュール
英語で授業を行う大学や大学院の受験を考えている方向け

ジェネラル・トレーニング・モジュール
海外研修や移住を考えている方向け


いずれもリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4つのテストで構成されています。

スピーキングではface to faceで対人型のテストを行うことで、より正確な英語スキルを測定できるようになっています。

IELTS試験の概要と申し込み方法

アイエルツ試験の概要と申し込み方法

次にIELTS試験の概要と申し込みをご紹介します。

IELTS試験会場と日程
日本全国14会場で最大月4回(毎週)試験が行われています
(詳しくは公式HPをご確認ください)。

筆記試験合格後に二次試験として面接が行われる英検とは違い、一気にスピーキングテストまで行われます。

受験者は午前中の筆記テストを終えたら、あらかじめ指定された面接時間に会場に戻ってきてスピーキングテストを受験することになります。
(公式基準では筆記試験の前後6日以内の受験を認めている為、人数によっては別日の受験となることもあります)


IELTSの申し込み方法
申込には、オンラインと郵便の二つの方法があります。

いずれの場合も、本人確認書類として試験日当日に有効期限内のパスポートが必要になります(運転免許証等は受付不可)

支払いには、クレジットカード(一括)・コンビニ決済・郵便局ATM振り込みが利用可能です。

詳しくは公式HPをご確認ください。

IELTSのスコアとレベル難易度

IELTSのスコアとレベル難易度

試験結果は1.0から9.0のバンドスコアで示されます。

各パートごとの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。

合格・不合格はありませんが、一般的に大学はオーバーオール・バンド・スコア6.0から6.5を入学基準としています。

なお、スコアの有効期限は筆記テスト当日を含め2年以内です。


IELTSのレベル・難易度について
TOEICとのスコア換算表がよく掲載されていますが、試験で問われるスキルの種類が異なる(TOEIC L&Rではスピーキングテストが行われない等)ため一概に比較できません。
あれは、あくまで目安として見るようにしましょう。


参考までに、日本人の平均スコア(2015年)は以下の通りです。

アカデミック・モジュール:5.8点
ジェネラル・トレーニング・モジュール:5.6点

海外の大学の入学基準とされている6.0~6.5には届かない水準ですね・・・

これは、日本人が最も苦手とするスピーキングテストが対人形式で行われるということや、必要とされる語彙の幅広さが原因だと考えられています。
難しいわけです・・・

実際に、TOEIC高得点保持者でも、IELTSではスコアが伸び悩むことが多いのだそうです。

日本人にとってはTOEICより難易度の高い試験だと言えるかもしれません。

IELTS各パートの試験内容

IELTS各パートの試験内容

IELTSの試験内容は、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4つです。

リスニング
・試験時間:約30分
・問題数:全40問
・出題内容:以下4つのセクションに分かれる

 セクション1~日常生活における英会話
 セクション2~日常生活におけるモノローグ
 セクション3~教育の現場における英会話
 セクション4~学術的テーマに関するモノローグ


リーディング
・試験時間:約60分
・問題数:全40問
・出題内容:試験タイプ別に以下3つのセクションに分かれる

アカデミック・モジュール~書籍、新聞等からの抜粋で3つの長文が出題される
ジェネラル・トレーニング・モジュール~日常生活、仕事、一般的なトピックの3つの題材から出題される


ライティング
・試験時間:60分
・問題数:全2問
・出題内容:試験タイプ別に以下2つのセクションに分かれる

アカデミック・モジュール~グラフや表の説明、ある問題に対するエッセイを書く
ジェネラル・トレーニング・モジュール~与えられた状況に合わせた手紙、ある問題に対するエッセイを書く


スピーキング
・試験時間:11~14分
・出題内容:試験官と1対1のインタビュー形式で行われる

IELTSにチャレンジしよう♪

IELTSとはどんな試験なのか、その概要と特徴をご紹介いたしました。

IELTSは、アメリカに限らずイギリス・カナダ・オーストラリアなど広く英語圏に英語スキルをアピールできるグローバルな試験となっています。

今後進学やお仕事で海外に出てみたい!とお考えの方は、ぜひ受験することをおすすめします。