IELTSテスト直前1ヶ月前の勉強法!短期間で効率よく目標スコアを達成!

IELTS受験の目標とするスコアは人それぞれかと思います。

ずいぶん前から当日に向けて準備を進めてきた方も、そうでない方も最後の1ヶ月は効率的な学習方法でラストスパートをかけていきたいですね。

そこで今回は、IELTS直前1か月の勉強法、短期間で目標スコアを達成するスケジュールについてご紹介します。

IELTSテスト1ヶ月前の勉強法

IELTSテスト1ヶ月前の勉強法
3回分の過去問を解く。

わからない箇所を見つけるための作業なので、自信が無くてもとにかく最後まで解いていく(間違えた問題は印をつけて分かるようにしておく)

見つけた苦手箇所を一つずつ解消していく。


※問題の形式に苦手箇所がある場合~
同じ形式の問題にたくさん当たることで慣れる。
「なぜ間違えたのか、何を知っていれば解けた問題だったのか」を明らかにする。


※特定の文法に苦手箇所がある場合~
学校の教科書でも市販テキストでもいいので、その文法が解説されているページをよく勉強する。

試験直前にも眺められるように、まとめペーパーを作っておく。

IELTSテスト3週間前の勉強法

IELTSテスト3週間前の勉強法
先週解いた過去問3回分で、
間違えた問題(印をつけておいた問題)のみ再度すべて解いてみる。

前の週に散々対策したはずの問題なので、
これは全問正解して当たり前のつもりで臨む。

オンライン英会話を活用しながらスピーキングの練習をする。
このとき、さまざまな国のアクセントに慣れるためアメリカ以外の国の講師と積極的に話すようにする。

IELTS受験テストに効果的なオンライン英会話はこちら。

IELTS対策ができるオンライン英会話おすすめ!料金や特徴は?
IELTSはアメリカに限らず、広く英語圏の国で問題なく英語を使えるかどうかを試されるテストです。 特にイギリスの大学入試で重視されたり...


3週間前からはできれば毎日レッスンを受けて、1日1度は必ず英語を話す時間を作る。

まだ解いたことのない回の過去問を、時間を図りながら解いてみる。
この時はリスニング問題も緊張感をもって一度解いてみる。

IELTSテスト2週間前の勉強法

IELTSテスト1ヶ月前と同じように、
3週間前の過去問演習で見つけた苦手箇所を一つずつ解消していく。

この週は新しい問題にあたらなくてもいいので、
1ヶ月前・3週間前で明らかになった苦手箇所について二度と間違わないレベルまで引き上げる。

オンライン英会話は引き続き毎日行う。

IELTS受験テストに効果的なオンライン英会話はこちら。

IELTS対策ができるオンライン英会話おすすめ!料金や特徴は?
IELTSはアメリカに限らず、広く英語圏の国で問題なく英語を使えるかどうかを試されるテストです。 特にイギリスの大学入試で重視されたり...

IELTSテスト1週間前の勉強法

IELTSテスト1週間前の勉強法
1ヶ月前・3週間前で解いて間違えた問題(印をつけた問題)だけもう一度解いてみる。

これも全問正解して当たり前のつもりで臨みたいところだが、おそらく1ヶ月前で間違えた問題は記憶が薄れてきているはず。
もう一度押さえなおす。

初めて見る問題に動揺しない練習をするため、
・ 新しい問題で本番通り時間を計った演習
・ 要因分析と復習を繰り返し行う。

この頃には間違い印のついた問題も蓄積しているはずなので、折に触れて解きなおしを行う。

オンライン英会話でIELTS対策ができるスクールであれば、本番と同じようにスピーキングテストの練習をしたい旨伝えてチャレンジしてみる。

いつもの和やかなムードではなく、
テスト特有の緊張感を演出して行うことが大切
(可能であれば話したことのない講師でチャレンジしてみるとよい)。

IELTSテスト直前の勉強法

IELTSテスト直前の勉強法
IELTS直前1ヶ月の勉強法、最後に・・・

単語の暗記は毎日!
大変かもしれませんが、上でお示しした学習とは別に、単語の暗記は毎日やってください。

市販のもので結構ですので1冊単語帳を買って何度も回転させます。


間違い印を恐れない
解答を間違えてしまった時、×印を付けることに抵抗を示す方も多いのですが、これは本当にもったいないことです。

IELTSは出題範囲が膨大で、テキストも単語帳も分厚くなりがちですが、間違った箇所だけに絞れば大した分量ではありません。

間違い印を恐れず、自分の苦手な箇所は明確にしていきましょう。


My単語帳とまとめペーパーは宝物!
本番直前になってくると、
単語帳にはたくさんの印やマーカーがついていることでしょう。

また先ほど少し述べましたが、苦手な文法に絞って自分なりのまとめペーパーを作っておくと良いです。
それらは、あなたの苦手なところだけが集約されている、あなただけのオリジナル参考書になります。

どんなに高価な市販テキストも敵わないような宝物ですから、ぜひ大切にしていただきたいと思います。