留学すれば英語が話せるようになる?英会話はマスターできるのか?

最近は留学に行く学生さんが増えてきましたね。
学生時代留学できなかった悔しさで、社会人になってからお金をためて行く方もいらっしゃるようです。

英会話をマスターしたい方で留学すれば話せるようになる。と思っている方も多いですね。

海外留学って本当に必要なのでしょうか?

そこで今回は、英会話をマスターするための留学の必要性について考えてみましょう。

留学で英語を「話すしかない」環境にする

留学で英語を「話すしかない」環境にする

「日常英会話は、中学生レベルの単語と文法で何とかなる」
というのを聞いたことがありますか?

やや極端な言い方ではありますが、私もこれには一理あると考えています。

しかし、中学校を卒業する段階で英会話をマスターしている学生さんはなかなかいませんよね。

その背景には、英語を「話す」ことへのハードルの高さがあげられると思います。

もし発音や文法を間違えたらきまり悪い思いをするのではないかという不安で、英語を話す勇気が出ない方も多いのではないでしょうか。


ところが、留学して日本語のわからない人たちの中に飛び込むと、何とかして意思を伝えようとしなければコミュニケーションが取れません。

恥ずかしい。なんて言ってられないのです。

このプレッシャーこそが英会話を上達させるポイントだと思います。

一旦英語で意思疎通が取れる経験をすると、一気にハードルが下がって英会話を楽しめるようになります。

留学は、そのきっかけをつくるのに最適な方法でしょう。

日本人のいない環境に身を置くことが大切

留学すれば英語が話せるようになる?英会話はマスターできるのか?

せっかく海外に留学しても、大部分を日本人生徒が占める語学スクールに通う方がいらっしゃいます。

環境を変えて英語学習に専念してみたい方や、観光がてら海外での学生生活も体験してみたいという方には良いのと思うのですが、これで英語を話せるようになるかと言えば、私は少し違うような気がしています。

場所が海外に移っただけで、学校内の雰囲気は結局日本と変わらない(日本語が飛び交っている)ということになりかねないからです。

先ほど述べたように、
「日本語を使っても誰にも理解されない=英語を話さざるを得ない」環境に身を置くことが英会話上達への一歩だとすれば、できるかぎり多国籍の生徒が集まる学校へ留学した方が良いでしょう。

留学以外の選択肢を考えてみる

留学以外の選択肢

お金や時間の都合で留学をするのが難しい方も多くいらっしゃると思います。

しかし、先ほど述べた
「英語を話さざるを得ない環境」を作ることが出来れば、留学をしなくても英会話スキルをアップさせることは可能です。

ここでは、留学以外の選択肢で英会話を効率的に学ぶ方法を見ていきましょう。

・オンライン英会話
インターネットを介してネイティブの講師と会話することが出来ます。

映像と音声のみでコミュニケーションをとっていきますので、黙っているわけにはいきません。
必然的に何か英語で発言してみようと試みることで英会話上達が図れるでしょう。

講師も英語を話せない日本人に慣れていますので、初心者の方にもおすすめです。


・英語を使うボランティア
少し長期的に時間をかけてチャレンジできる状況であれば、ボランティアもおすすめです。

学生さんは留学生のお世話をするボランティア、社会人の方は旅行で訪れた海外の方を英語でアテンドするボランティアなど、随時募集があります。

海外にお友達を作ることもできますし、日本について英語で説明する練習もできますので、オンライン英会話などで少し自信をつけた方におすすめです。


・一人旅
お金に余裕があれば、一人で海外に飛び出してみるのも良いでしょう。

留学という形で学校に入るよりは短期の旅行の方がずっと安く済みますし、道を聞いたりレストランで注文したりと、次々と英語を話す状況に直面します。

相談するお友達もいない環境で、自分がどのくらい旅行を楽しめるかチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分に合った方法で英会話スキルを上げよう♪

留学は、現地の文化を肌で感じながら英語に囲まれた生活を送ることで、最も早く英会話を上達させることのできる学習方法だと思います。

しかし、留学に行ったからと言って必ずしも英会話ができるようになるとは限りませんし、留学以外の方法で英会話スキルを上げていくことも十分可能です。

一番大切なのは、「英語を話さざるを得ない環境」に身を置くことです。

このポイントを軸に、ぜひあなたにぴったりの方法を見つけてみてくださいね!