TOEICは時間配分と解く順番で点数が決まる!ポイントは捨て問題!?

TOEICを受験するとき、皆さん200問解き切ることが出来ますか?
実はTOEICの時間配分ってすっごく大切なんです!

今回はTOEICの時間配分のポイント、問題を解く順番についてお話をしていきます。

TOEICリーディングセクション75分の使い方

多くのTOEIC受験者は、問題数の多さに圧倒されてしまいます。
Part7の最後の20問くらいは完全に塗り絵状態で提出というような状態で時間終了・・・

実は、時間配分を意識するだけでスコアを上げる事が出来るのです。

TOEICで時間配分と言えばもちろんリーディングセクションのことです。
与えられた75分を上手に使うだけでTOEICの点数が上がります。

時間配分を上手に行うだけで点数アップ間違いなし!です。

私が数年間TOEIC講師をしてきた経験、
また世のいる多くのTOEIC講師の見解も含めて、推奨されるTOEICリーディングセクションの時間配分は以下の通りです。

<推奨TOEICリーディングセクションの時間配分>
Part5,6 :20分
Part7  :55分

それではもう少し詳細を見ていきましょう。

TOEIC Part5・6の時間配分

TOEIC 時間配分

TOEIC新形式から問題数が40問から30問に減りましたよね。
Part5には2つ問題の種類があると言われていて、
① 文法問題、
② 語彙問題、この2つです。

ここでポイントなのが、
「文法問題は全文読まない!空欄の前後だけを見て解く!」ということです。

文法の知識があれば前後だけで解ける場合がほとんどです。
前後だけを見て判断し即回答!
すぐに次の問題に移ります。

ですから、文法問題1問にかけていい時間は10秒、遅くても30秒くらいです。

もし答えが分からない!
2択で迷ってしまった!となれば、時間がもったいないので、その問題は見切りをつけて次の問題に移りましょう。


Part6も同様です。
TOEIC新形式から問題数が12問から16問になりました。

また、適切な1文を入れなさい。という新形式の問題もあるので、旧形式より少し時間がかかりますね。

私の推奨時間ですが、

Part5 :12~13分
Part6 :8~7分

です。

Part5・6はトータルで20分くらいの時間で終了すれば良いでしょう。
肝心なことはPart7のために残り55分をきちんと確保することです。

TOEIC Part7の時間配分

TOEIC 時間配分

TOEIC新形式から問題数が48問から54問に増えました。

なんたる悲劇!
ただでさえ読むのが大変なのに問題数が増えるなんて…。

とにかく!TOEICのリーディングセクションでいかに点数を伸ばせるかが大事になってきます。
時間配分に関してきちんと見ておきましょう。

・ シングルパッセージ:29問 25分
・ ダブルパッセージ:10問 10分(1題5分)
・ トリプルパッセージ:15問 20分(1題約6分30秒)

イメージとしては、

13:00 リスニングスタート
13:45 リスニング終了
Part5解き始める
14:05 Part7シングルパッセージ解き始める
14:30 Part7ダブルパッセージ解き始める
14:40 Part7トリプルパッセージ解き始める

という流れで当日解き進めることが理想でしょう。

分からない問題は捨てる!
自分が解ける問題だけどんどん解いていく!

ということを忘れないでください。


私がTOEICのレッスンを担当しているとき、またTOEIC-IPの試験監督をしているとき、机間巡視をよくするのですが、そのとき毎回思うことが「みな時間配分が上手くいっていない!」ということです。

この時間配分を上手に行えている人の方が点数が高い傾向にあります。

とは言っても「読むのが遅くて解き切らない、最後までいかない…。」というお声をよくお聞きします。
その気持ちもよく分かります!

TOEICスコアアップのポイント

TOEICスコアアップのポイント

それでは時間配分のポイントをお話していきたいと思います!

① 自分のレベルに合わない問題は捨てる!
TOEICという試験はたった200問で、
英語が全くの初心者から、スーパー上級者までの英語コミュニケーション能力を判定します。

ですから、英語初心者、中級者の方が「200問全部解こう!」というのは、はなから間違いです。

200問の中でも自分のレベルにあった問題だけ解ければ良いのです。

上級者向けの問題で何分も費やすのはもったいない!
それはあなたのレベル向けの問題ではないのです!

だから解けない問題はさっさと捨てる、次の問題にどんどん移りましょう。


② 最後の方にも簡単な問題はある!
繰り返しになりますが、1つの問題にあまり執着せず、どちらかというと最後まで解き切ることの方が点数アップにつながることが多いです。

最後の方の問題でも初心者・中級者向けの問題はあります。
その問題を見つけて解けば良いのです。

最後の方の問題まである程度目を通して、自分にあった問題だけ解くことの方が点数アップにつながります。

TOEICの問題の解く順番と優先度

TOEICの問題の解く順番と優先度

とは言っても、
どれが自分のレベルにあった問題が分からない場合もありますよね。

TOEICで解く優先度を低くしてもいい問題(飛ばしてもいい問題)はこちらです。

Part5
・語彙問題
Part6
・語彙問題
・文章挿入問題
Part7
・NOT問題
・文章挿入問題

これらは私の推奨ですが、ポイントとしては解くうえで
① 時間がかかる、
② 読むべき範囲が広い、
そういう問題ほど解く優先度は低くなります。

ですので、受験中に「読んでも読んでも分からない!」
という場合はどんどん捨て問題にして良いでしょう。


またシングルパッセージの後半であればあるほど、難しい語彙が多く出題されます。

特にシングルパッセージの一番最後の問題はarticle(記事)の問題がよく出題されますが、日本語でも新聞記事の表記ってやや難しいですよね?
それが英語であれば尚更です。

article問題が出題されてたら、その問題丸ごと捨ててしまってもいいかもしれませんね。


最後になりましたが、TOEICの時間配分がいかに大切かお分かりになっていただけたでしょうか。

ただし、少しでも多くの問題を解けるように日ごろの読解練習は怠らずに行いましょうね!(笑)

このTOEICのスコアアップに特化したのが、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースです。

1週間無料レッスンが受けられますので、続けるかどうかはそれから決めると良いですよ。


▼ スタディサプリENGLISHのTOEIC1週間無料体験
スタディサプリ ENGLISH